<< フルーツ寒天ゼリー | main | 夏のうつわ >>

沼野秀章さんの器

夏の器
以前は鮮やかな色合いの器に興味が向かっていましたが
最近は落ち着いた色合いの器に惹かれることが多く、
それはそうした器を持っていないせいからなのか
年齢を重ねてきたからなのか解りませんが、
ここ最近はずっと黒いマットな感じの器を探していました。

そんな折、笠間の陶芸家・沼野秀章(ぬまの・ひであき)さんが
ご自身の Instagram にアップされていたプレートがそれはそれは格好良く、
「これは手にしたい!」と出展されていたイベント会場へお邪魔してきました。
実際に手にとって見せていただくと、
黒一色の中に淡く鈍く光る金色がさされてあり
なんともシックで素敵な一皿でした。
(同じ釉薬を使用されたという一輪挿しも一緒にいただきました)

使うほどに微妙に質感が変わってくるそうなので、
普段から、そして大切に使わせていただこうと思っています。

[Photo]
沼野秀章さんの器でいただくパンと生けたバラ(自宅にて)