<< 大葉巻きピーマンの肉詰め | main | 秋の味覚を愉しむ >>

鈴木稔さんの器で

ポークステーキのトマトソース掛け益子の陶芸家・鈴木稔さんが
銀座で開催されている催事に出品されていると聞き、
どんな模様の、色の、形の器と出会えるのかと
ワクワクしながら出かけてみました。

渋谷ヒカリエは〈d47 design travel store〉にて
数年前に開催された、
鈴木さんによるワークショップに
参加させていただいたのが最初でした。
それから時々都内各地で開催される
展覧会や催事でお会いしお話して、
我が家の食器棚にも少しずつ鈴木さんの器が
重なっていくこととなりました。

今日はブラウンにブラックドットが
なんとも美しい器を使い、
色とりどりのミニトマトを炒めソース掛けした
ポークステーキがメインのランチにしました。

[Photo] 大葉巻きピーマンの肉詰め