turk de French toast

French toastインスタグラムばかり使うようになってしまい、
ブログへの投稿がおざなりになりつつあります。
手軽に使えるツールにばかり
頼ってしまうのは良くありませんネ…。

さて、もうすでに先月に作ったものになりますが
鍛造一体型の鉄製フライパンを製造する
ドイツの〈turk(ターク)〉社の
フライパンでフレンチトーストを焼いてみました。
いつもは器に盛るのですが、
肌寒い朝はアツアツのままにいただくのも、と
フレッシュミントと甜菜糖をふりかけて
コーヒーと一緒にいただきました。
僕は一晩ソースにつけ込みクタッとした
柔らかいトーストをたっぷりのバターで焼く
フレンチトーストが大好きです。

[Photo] turk フライパンにフレンチ・トースト

秋の味覚を愉しむ

秋の味覚丸々とした栗と南瓜、
プリプリとした秋刀魚を見つけ、
ついつい手が伸びてしまいました。
皮むきをした栗を土鍋に放り火を入れ、
薄味のお出汁で南瓜をゆっくりと煮、
秋刀魚のお腹を出し焼き……
部屋中に良い香りが集まり充満していきます。

お気に入りの器たちに秋の味覚を盛りながら
冷えたビールを注いだら、
イッタダキマス!!!

栗も南瓜もホクホクとして甘く、
秋刀魚もジューシーで箸が進みます♪
量はそれほど多くなくとも
少量多種の食材を用いた今日のお昼ご飯。
とても美味しく元気をいただきました。

[Photo] 秋の味覚

鈴木稔さんの器で

ポークステーキのトマトソース掛け益子の陶芸家・鈴木稔さんが
銀座で開催されている催事に出品されていると聞き、
どんな模様の、色の、形の器と出会えるのかと
ワクワクしながら出かけてみました。

渋谷ヒカリエは〈d47 design travel store〉にて
数年前に開催された、
鈴木さんによるワークショップに
参加させていただいたのが最初でした。
それから時々都内各地で開催される
展覧会や催事でお会いしお話して、
我が家の食器棚にも少しずつ鈴木さんの器が
重なっていくこととなりました。

今日はブラウンにブラックドットが
なんとも美しい器を使い、
色とりどりのミニトマトを炒めソース掛けした
ポークステーキがメインのランチにしました。

[Photo] 大葉巻きピーマンの肉詰め

大葉巻きピーマンの肉詰め

大葉巻きピーマンの肉詰め"前日に塩麹と混ぜ置いていた挽肉が
大量に余っていたので、
今日はピーマンの肉詰めにしてみました。
麹に含まれる酵素の働きで柔らかくなった挽肉は
トロッとしているのでツナギは使用せずに
そのまま纏めピーマンに詰めます。

塩味と旨味がたっぷりの肉汁に
ピーマンの苦味が混ざり合わさり、
大葉の香りも一役買い、
調味料はもちろんソースも不要の
何とも言えない至福の味!でした♪
また作ろうと思います。
ふぅぅぅ、ゴチソウサマでした!

[Photo] 大葉巻きピーマンの肉詰め

ポークトマトパスタ

Pork Tomato Pasta久しぶりにトマトソースのパスタが食べたくなり、
豚挽肉と茄子を炒め、トマトソースと合わせ煮詰め、
作ってみました!
豚挽肉はあらかじめ前日より
塩麹と混ぜ置いていたものを使用しているので
肉自体はとても柔らかく甘く、
酸味があるトマトソースと混ざって
とても美味しいソースとなりました。
最近ではローズマリーやタイムなどの
ハーブを入れることも多く、
風味が良くなるだけでなく後口も良いですね。

今回は自家製梅酒のロックと一緒に
イタダキマス!!

[Photo] 伊藤剛俊 さんの器に盛る、ポークトマトパスタ

スモモのパウンドケーキ

PoundCakeカラッと晴れずムシムシとした天候が続き
ちょっと気怠い感じがした今朝は、
熟したスモモ(サマーエンジェル)を使って
パウンドケーキを焼いてみました。

転居後に生え替わったミントの新芽を添え
完成した《スモモのパウンドケーキプレート》は、
甘味と酸味がバランスよく、
溢れ出た果汁で少し焦げ付いた生地には
若干の苦味も混ざり何とも美味しい。

京都在住の陶芸家・
岳中爽果(たけなか・さやか)さんによる
新作フラットプレートの色合いとも合い
舌はもちろん目にも嬉しい一品となりました。
ご馳走様でした♪

[Photo] スモモのパウンドケーキプレート

自家製肉味噌のせ冷やしうどん

自家製肉味噌のせ冷やしうどん昨春作った自家製お味噌が
まだまだ大量に残っているので
(ただ単に一人暮らしの割に作り過ぎという…:笑)
挽肉と混ぜ合わせて《肉味噌》にしてみました。
実は味噌を作り始めた頃から
夏のスタミナ料理として作っているものですが、
味噌の味が毎年異なるために
自身でもとても楽しみにしている料理でもあります。

それを用いた《肉味噌のせ冷やしうどん》を
朝ご飯として作ってみました。
味噌自体に塩味があるので
塩味は少なめで旨味たっぷりのお出汁をかけ、
甘味たっぷり色とりどりのミニトマトを散らしたら……
何とも夏らしい鮮やかな色と
夏バテ予防のボリューミーなおうどんの完成です!

大好きなトウモロコシは朝採れのせいか
とても甘くてジューシーでした。
ごちそう様でした!!

[Photo] 肉味噌のせ冷やしうどん

キーマ・カレー

Keema curry辣韮の甘酢漬けがそろそろ出来たかと
試食も兼ねて何かと考えていたところ、
久しぶりにカレーを作ってみようと思い立ち
挽肉と細かく角切りにした野菜に
ミックスビーンズ、大蒜と生姜、
7種のスパイスとを一晩混ぜ煮込み
《キーマ・カレー》を作ってみました♪
土鍋の炊きたて白米の横にルウを盛り、
アドカドのスライスと目玉焼きを添えたら
できあがりです。

肝心の辣韮の甘酢漬けですが、
今一つ浸かり具合が足りない気がして
こちらはもう少し先のようですが……、
キーマ・カレーの方は
これまで一番美味しくできて
ついつい食べ過ぎてしまいました。(笑)

[Photo] 《キーマ・カレー》で週末ブランチ

梅味噌

梅味噌
昨年漬けた梅酒がまだ相当量残っているので
今年は青梅を使って何かを作る気は全くなかったのですが、
SNS で《梅味噌》の作り方を見てしまい……
大量の自家製味噌を使用して作ってみました!

有機酸(疲労回復に効果的なクエン酸やリンゴ酸など)
豊富なミネラルを多く含む梅

免疫力を向上させ身体に溜まった毒素を排出する
発酵食品・味噌
に漬ける《梅味噌》。
先日漬けた《甘酢漬け辣韮》に加えて、
今夏我が家の強い味方になってくれそうです。

冷や奴に乗せたり、
ちょっとした肉料理なんかにも使えそうです。
漬け込んでから2ヶ月で完成とのことなので、
それまで楽しみにして待つことにします。

[Photo] 青梅と熟成中の《梅味噌》

Summer has come!

手作りジャム昨年末の実家で作った
《あまおうジャム》が無くなり、
そろそろ新しいジャムが欲しいなと思っていたところ、
パイナップルとキウイに破格の値がついていることを
近所のスーパーで見つけ購入してきました!
それぞれ小さく角切りにして、
甜菜糖と混ぜ合わせて煮詰め、丁寧にアク取りをし、
煮沸消毒をしたガラス瓶に入れて……
《パイナップルとキウイの夏ジャム》の完成です♪

今朝は、青山は〈パンとエスプレッソ〉さんのパンと
先日より発売が開始された〈Nespresso〉さんの
数量限定アイスコーヒー専用グランクリュと合わせて
いただきました。
フワフワと柔らかながらもモッチリとする生地に
甘く淡い酸味のあるジャムとクリームチーズ、
そしてサッパリとした後味のアイスコーヒーが
夏の足音が感じられる今日のような暑い朝には
とてもよく合います!

[Photo] 《パイナップルとキウイの夏ジャム》とパンとコーヒー

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
cubicface.Connect
cubicfaceDot
Facebook
twitter
twitter
digmeout.net
Behance
Pinterest