ロイヤル・サンセット・ローズ

ロイヤルサッセットローズ昨年より2週間ほど早いようですが、
今朝、今年初のロイヤル・サンセット・ローズが開花しました。
蕾の時は濃いピンク、
咲けば柔らかなオレンジから鮮やかなイエローへと変色し、
とても良い香りを放つバラです。

雑誌で初めてこの花の名前と色を知り、虜となって、
バラ園で興奮しながら入手して今年でもう5年―。
自分なりに季節ごとの手入れをし、
害虫にも病気にも負けずに良い枝振りになってきました。
これからも大事に世話をしながら、
この色と香りを楽しませて貰いたいと思います。

[Photo] ロイヤル・サンセット・ローズの蕾(自宅ベランダにて)

コミカンの蕾

コミカンの蕾橙の実が正月のお飾りとなり、祖母を喜ばせてくれたコミカン。
「来年もよろしくね」と言った祖母も
僕自身も楽しみにしていたのですが、
昨夏はこれまでに経験したことのない青虫被害に遭い…
実はおろか新芽という新芽が食べ尽くされてしまう有様でした。

薬害でミニバラを枯らしてしまった経験と
果実を食せるくらい健康な土壌で育ててみたいという想いから、
米糠やとぎ汁などの有機肥料をあげたり
竹酢液などの天然のもので防虫をと育てていたら、
今春は多くの蕾をつけてくれました!

少し肉厚(?)の白い花々が開花する楽しみを、
青々とした実が橙に移り変わっていく楽しみを
今年は(やっと)味わえそうです。

[Photo] コミカンの蕾(自宅ベランダにて)

旭山桜

旭山桜昨春に購入した旭山桜が、今朝になって咲いてくれました。
朝の時点ではまだ咲き始めたばかりで少しシワシワでしたが、
頑張って花を咲かせてくれたのが嬉しかったですね。
蕾も幾つかあるので、これから少しずつ楽しませてくれそうです。

また、この時期は他にも楽しみが沢山あります。
ベランダではロイヤルサンセットローズやコミカン、モミジ、
ガジュマル、新入りの2種類のオリーブと山椒、
仕事場ではパキラやセローム、フィカス・ウンベラータ、
エバフレッシュ、多肉植物などの
浅黄緑の美しい色をした新芽が続々と芽吹いています。
成長と色を楽しみながら、水やりをする毎日です。
ビカクシダも早く大きくならないかなぁ〜♪(笑)

[Photo] 咲いたばかりの旭山桜(自宅ベランダにて)

お花見と

お花見
数日の慌ただしさがやっと落ち着き始めた今日、
新鮮な旬の食材を使った面白み溢れる料理(自家製のベーグルやスイーツも!)と
全国各地の様々な日本酒が楽しめる大人気のお店、
吉祥寺は〈にほん酒や〉さんでランチをいただき、そこから少し足を伸ばして井の頭恩賜公園へ。
満開には少し早かったようですが、一瞬で咲き散ってしまった昨春よりも
今年はじっくりと桜の季節を楽しめそうです。

その帰り道、吉祥寺は〈shop & gallery poooL(ショップ・アンド・ギャラリー プール)〉さんにて催されていた
彫刻家ユニットの〈monoe(モノエ)〉さんの個展で素敵な色と形のお皿をいただきました。
目の覚めるような碧皿にのせた桜餅は、
澄み切った青空の下に咲く今日の桜そのもののようで、
目にも舌にも一層美味しく感じられました♪

[Photo] 井の頭恩賜公園の桜(吉祥寺にて)/ monoe さんのお皿に桜餅…と、ずんだ餅(自宅にて)

ミモザ

ミモザ買い物ついでに立ち寄った花屋さんで、
オリーブと山椒の植木を手にしながら向かったレジの横に
ミモザの花束がありました。
小さく輝くようにポンポンと咲くその姿は
ちょうど誕生日だったその人のようで、
写真の横に飾ろうといただいて帰りました。

イタリアでは男性が女性にミモザを贈り感謝をする
FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デッラ・ドンナ)という
『女性の日』があり、明後日の3月8日がその日になるそう。
少し早めの FESTA DELLA DONNA となりましたね。

[Photo] ミモザ(自宅にて)

君の名は?

Whats your name?リビングのテーブルに何か小さい植物が欲しいな、と
購入した多肉植物。
欲しかったのは“小さな”植物、“小さな”だったのに…。
こぢんまりとした感じがすごく好き、だったのに…。


ビニールの簡易鉢に入っていたため
購入後に植替えをしたせいか、ドンドン成長したのです!
(時期的に問題がなければ、だいたい植替えてしまいます)
嬉しいことに我が家にはよく育つ植物が多く、
手のひらサイズだったガジュマルも数年掛けて
僕の身丈近くになっていたりするのですが…、君もですか。(笑)

購入時に必ず確認するようにしている植物の名前が
「多肉植物」としか記載されておらず…未だに不明です。
ちゃんと知りたいなぁ。

[Photo] 気温が低くなった今日もモリモリ成長中の多肉植物くん(自宅にて)

秋桜

秋桜

ちょうど、今が見頃でしょうか。
遊びに出かけた糸島からの帰り道に、
それは見事な秋桜畑があり思わずカメラ片手に撮影してしまいました。
鮮やかな花と葉、夕暮れ間近な空の色とのコントラストや
風に揺れる姿を見ているとちょっと切なくなった、
そんな秋のひとときでした。(笑)

[Photo] 秋桜(糸島にて)

蓮花

蓮花

盛夏のこの時期、
福岡市は舞鶴公園(福岡城址)のお堀に咲く
蓮花を眺めるのが我が家の恒例行事になりつつあります。

今年は立派に咲いていて、
帰り道の西の空には大きな大きな虹が架かっていました。
早朝から素敵な時間を過ごせました。

[Photo] 蓮花(舞鶴公園にて)

最後の夕暮れ色

RSローズ今月頭から濃いピンクの蕾がつき、毎日のように次々と花開いていた
我が家のロイヤル・サンセット・ローズ。

初夏のベランダを、ダイニングテーブルを賑わしてくれたバラも、
ついに最後の二輪となってしまいました。
その今期最後となった花の色は…
今までのオレンジ色ではなく、蕾と同じような濃いピンク色でした。

ほんの少し咲くタイミングが変わっただけで
これほど色が違うなんて驚きです。
また、香りもどことなく強いような気がしています。
木に残るエネルギーが一輪に注ぎ込まれたような、そんな感じです。

「今秋にまた綺麗な色で大きな花を沢山つけますように。」
お礼肥と剪定もそろそろ始め時ですね。

[Photo] ロイヤル・サンセット・ローズの切り花(自宅にて)

ピンクとオレンジ、イエローと。

ロイヤル・サンセット・ローズ

今年もこの時期がやってきました。
今朝方、3年前から大事に育てているバラ、
ロイヤル・サンセット・ローズが開花しました。

柔らかなピンクとオレンジ、イエローとが微妙に混ざり合い
やがては淡いピンクとなって枯れてしまう、
そんな素敵な花(品種)です。

これまでミニバラとオールドローズを幾つか育ててきましたが、
相次ぐ引越と手を掛けられなかった時期が少しあって
残念ながら他のものは全て枯らしてしまいました。
土の調整、防虫や追肥といった結構手間の掛かるヤツですが、
この花びらの色合いと香りに毎年出会える嬉しさは
他にはなかなかありません。

[Photo] ロイヤル・サンセット・ローズ(自宅ベランダにて)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
selected entries
categories
archives
profile
cubicface.Connect
cubicfaceDot
Facebook
twitter
twitter
digmeout.net
Behance
Pinterest