turk de French toast

French toastインスタグラムばかり使うようになってしまい、
ブログへの投稿がおざなりになりつつあります。
手軽に使えるツールにばかり
頼ってしまうのは良くありませんネ…。

さて、もうすでに先月に作ったものになりますが
鍛造一体型の鉄製フライパンを製造する
ドイツの〈turk(ターク)〉社の
フライパンでフレンチトーストを焼いてみました。
いつもは器に盛るのですが、
肌寒い朝はアツアツのままにいただくのも、と
フレッシュミントと甜菜糖をふりかけて
コーヒーと一緒にいただきました。
僕は一晩ソースにつけ込みクタッとした
柔らかいトーストをたっぷりのバターで焼く
フレンチトーストが大好きです。

[Photo] turk フライパンにフレンチ・トースト

秋の味覚を愉しむ

秋の味覚丸々とした栗と南瓜、
プリプリとした秋刀魚を見つけ、
ついつい手が伸びてしまいました。
皮むきをした栗を土鍋に放り火を入れ、
薄味のお出汁で南瓜をゆっくりと煮、
秋刀魚のお腹を出し焼き……
部屋中に良い香りが集まり充満していきます。

お気に入りの器たちに秋の味覚を盛りながら
冷えたビールを注いだら、
イッタダキマス!!!

栗も南瓜もホクホクとして甘く、
秋刀魚もジューシーで箸が進みます♪
量はそれほど多くなくとも
少量多種の食材を用いた今日のお昼ご飯。
とても美味しく元気をいただきました。

[Photo] 秋の味覚

鈴木稔さんの器で

ポークステーキのトマトソース掛け益子の陶芸家・鈴木稔さんが
銀座で開催されている催事に出品されていると聞き、
どんな模様の、色の、形の器と出会えるのかと
ワクワクしながら出かけてみました。

渋谷ヒカリエは〈d47 design travel store〉にて
数年前に開催された、
鈴木さんによるワークショップに
参加させていただいたのが最初でした。
それから時々都内各地で開催される
展覧会や催事でお会いしお話して、
我が家の食器棚にも少しずつ鈴木さんの器が
重なっていくこととなりました。

今日はブラウンにブラックドットが
なんとも美しい器を使い、
色とりどりのミニトマトを炒めソース掛けした
ポークステーキがメインのランチにしました。

[Photo] 大葉巻きピーマンの肉詰め

大葉巻きピーマンの肉詰め

大葉巻きピーマンの肉詰め"前日に塩麹と混ぜ置いていた挽肉が
大量に余っていたので、
今日はピーマンの肉詰めにしてみました。
麹に含まれる酵素の働きで柔らかくなった挽肉は
トロッとしているのでツナギは使用せずに
そのまま纏めピーマンに詰めます。

塩味と旨味がたっぷりの肉汁に
ピーマンの苦味が混ざり合わさり、
大葉の香りも一役買い、
調味料はもちろんソースも不要の
何とも言えない至福の味!でした♪
また作ろうと思います。
ふぅぅぅ、ゴチソウサマでした!

[Photo] 大葉巻きピーマンの肉詰め

ポークトマトパスタ

Pork Tomato Pasta久しぶりにトマトソースのパスタが食べたくなり、
豚挽肉と茄子を炒め、トマトソースと合わせ煮詰め、
作ってみました!
豚挽肉はあらかじめ前日より
塩麹と混ぜ置いていたものを使用しているので
肉自体はとても柔らかく甘く、
酸味があるトマトソースと混ざって
とても美味しいソースとなりました。
最近ではローズマリーやタイムなどの
ハーブを入れることも多く、
風味が良くなるだけでなく後口も良いですね。

今回は自家製梅酒のロックと一緒に
イタダキマス!!

[Photo] 伊藤剛俊 さんの器に盛る、ポークトマトパスタ

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
selected entries
categories
archives
profile
cubicface.Connect
cubicfaceDot
Facebook
twitter
twitter
digmeout.net
Behance
Pinterest